熊本の重症心身障害児施設、知的障害者更生施設(通所)、医療型障害児入所施設、療養介護、生活介護、児童発達支援、放課後等デイサービス、相談支援、くまもと江津湖

社会福祉法人志友会 くまもと江津湖療育医療センター/通園センター

くまもと江津湖療育医療センターくまもと江津湖通園センター
〒862-0947 熊本市東区画図町重富575
TEL 096-370-0501 FAX 096-370-0503
わたしたちは、サービス業として、正しい情報を伝達し、自分が受けたいサービスを提供致します。

くまもと江津湖療育医療センターは、平成6年10月に、熊本市内に初めての重症心身障害児施設(児童福祉法に基づく児童福祉施設かつ医療法に基づく病院)として開設されました。 入所されている利用者の方々を単に保護するだけでなく、必要な医療、看護、リハビリテーション、生活支援を行っています。 毎日元気に楽しく過ごす一方、一人ひとりがもっている能力を引き出せるよう取り組んでいます。

設備面では、一般病棟の他に人工呼吸器(管理)等高度医療に対応したモニタリングシステムを完備した病室も備え、十分な健康管理のもとに、療育活動に励み、家庭的な雰囲気の中で日常生活を送ることができます。

平成24年4月からは、医療型障害児入所施設+療養介護事業所として再スタートしました。

平成28年4月には増床し、3病棟体制となりました。入所利用者の医療ケアの必要性や状態像に応じて病棟を区分し、医療を含めた療育を提供しています。 また平成24年5月より、『えづこ小児神経・発達診療センター』を増設し、てんかん等の神経疾患の外来診療を行っています。 平成24年6月からは期限を区切って入所生活と在宅生活を繰り返す『有期限入所』の取組を始めました。「施設入所か在宅か?」という究極の選択をするのではなく、 「入所と在宅の良いとこ取り」で長く在宅生活を続けていただきたいと考えています。

このように、入所利用者の療育だけでなく、在宅の方も含めた障がい児・者のための総合的な支援施設を目指しています。

医療写真

社会福祉法人 志友会  理念

  • 利用者の生命と生活を守り、心身の成長・発達を援助します。
  • 志友会の職員として、職務に信念と誇りをもち、自己研鑽に努めます。
  • 家族や社会と連携し、信頼関係のなかで、家族の多様な願いを理解し、共に利用者の福祉の向上を目指します。
  • 地域のニーズに合わせ、施設の機能を地域社会に還元し、地域との交流を大切にします。
【方針】
  • わたくしたちは、サービス業として、正しい情報を伝達し、自分が受けたいサービスを提供致します。

くまもと江津湖療育医療センター 基本方針

  1. 健康管理を充分に行い、心身機能の維持、向上をはかります。
  2. 信頼を深め、温かい人間関係の中で共に学び育ちあうことをめざします。
  3. 利用者一人ひとりの個別性を把握し、その特性に合った支援を行います。
  4. 経験を豊かにし、それぞれの能力を生かし、いきいきと自己表現できる生活の場作りをします。
これらの方針を実現するために、職員は障害や療育に対する理解と認識を深め、自己研鑽に努めます。