行動計画 Act

行動計画

全ての職員がその能力を十分に発揮できるような雇用環境の整備を行うとともに、次世代育成支援について地域に貢献する社会福祉法人となるため、次のように行動計画を策定する。

計画期間

令和2年4月1日~令和7年3月31日までの5年間

内容

[目標1]

令和7年3月までに、男性の育児休業取得の推進と介護休業の取得対象について柔軟に対応し、取得しやすい環境の整備と周知を図る。

<対策>

令和2年4月~文章を作成し、職場内回覧を行い周知・徹底する。

[目標2]

令和2年3月までに小中高等学校及び専門学校等からの施設見学、体験学習を積極的に受け入れる。さらに施設行事等に地域からボランティアを受け入れることができる体制を確立し、医療福祉の次世代人材育成に貢献する。

<対策>

令和2年4月~社会福祉協議会、学校、地域住民の方等に案内の文書を送付し理解していただく。

女性の活躍を推進するための行動計画

女性が安定した職場環境の中で、その希望に応じて十分に能力を発揮し、活躍できる環境を整えるため行動計画を策定する。

計画期間

平成28年4月1日 ~ 平成33年3月31日

内容

[目標1]

平成28年4月~ 子育て及び介護をしやすい職場環境を強化し離職防止に努める

<対策>

  • 職員に育児や介護に関する規則を分かりやすく周知し、相談しやすい環境を整える。
  • 育児休業終了後の育児短時間勤務の取得率50%を目指す。

[目標2]

平成28年4月~ 役職に占める女性割合を増やす。

<対策>

師長・課長以上の女性割合50%を目指す。

上記以外にも職員の仕事と家庭の両立支援についての相談に柔軟に対応し、離職防止及び次世代育成に取り組む。