イベント詳細 Event

2021年8月23日

事業所内保育事業 えづこスマイルキッズ

入所のイベント

くまもと江津湖療育医療センターでは、事業所内保育事業として、

生後6か月〜2歳児を対象に「えづこスマイルキッズ」を開設しています。

近隣地域や職員の子ども達が一緒に利用できる熊本市の認可保育園です。

 

 

 

場所は外来棟と道を挟んだ職員駐車場敷地内のオレンジ色の屋根の1階にあります。

朝夕の忙しい時間に、安全に短時間で送迎できる場所です。

早出、日勤、遅出の職員の子ども達の預かりに対応し、職員が安心して仕事に取り組める環境を目指しています。

 

   

 

 

 

少しだけスマイルキッズの様子をご紹介しましょう。登園後おやつが終わると、朝のお集まりの時間です。

(この日は10名程の子ども達が登園していました。)

   

 

 

 

この日の午前中の活動は「夏祭りごっこ」でした。

まずは「わなげ」から!遠くから投げたり、近くでそっと入れてみたり・・・。可愛いちょうちょの柄にも興味深々でした。

 

 

 

 

次は「さかなつり」です。魚と竿が磁石でくっつく仕掛けで、みんな真剣に遊んでいました。

静かに集中しているかと思ったら・・・。「つれた〜!」と可愛い歓声が!満足そうなお顔が印象的でした。

 

 

 

 

「まとあて」はマジックテープで的とボールがくっつきます。

年上の子の動作を見て、真似をする年下の子ども達。毎日たくさんの刺激を受けて成長しています。

 

 

 

 

「おばけやしき」は初め怖がっていた子ども達も、最後には入り過ぎて壊れてしまうくらいに大人気でした。

年上の子は、年下の子が入りやすいように入口を支えてあげて、子ども達には自然に優しい気持ちが芽生えていました。

 

 

 

 

「くじびき」は紐を引っ張ると綺麗なメダルが付いていています。どのメダルが当たるかわかりません!

「これが当たったよ〜!」と嬉しそうに見せてくれました。

 

 

 

 

子ども達は明るく元気いっぱいです!年齢差があっても一緒に仲良く過ごしています。

この日は[夏祭りごっこ」でしたが、暑い日には水遊びをしたり、近くの公園へお散歩に行ったり外の活動も行っています。

(可愛い子ども達の様子は「えづこスマイルキッズ」のページでご覧ください)

 

 

午前中の活動が終わると、昼食、お昼寝、おやつ、帰りの会があり、お迎えの時間まで過ごします。

子育てには理解と協力が必要です。キャリアを中断させることなく、子育てをしながら活躍の場を広げられるよう

これからも親子で安心できる温かな場所を、提供したいと考えています。

 

 

 

 

 

《保育理念》

・ゆったりとした環境の中で、子ども一人一人と向き合い、保育士とじっくり触れ合い、

関わることで、愛情を感じ、信頼関係の基礎を育てる。

 

・同年齢、異年齢の友達との遊びや生活を通して、基本的生活習慣や周囲と協力する態度を身につけ、

相手を思いやる心を育てる。

 

・戸外遊びや散歩を通して、たくさん自然と触れ合い、季節の変化を感じながら、丈夫な身体と、

感性、表現力を育てる。

 

・いろいろな食べ物を味わいながら、友達と食べる楽しさを知り、食事の基本的なマナーを身につけ、

食に関する感謝の気持ちを育てる。